超特急で巡るフランス・オランダ1人旅~フランスで最も美しい村

フランス・オランダ1人旅の3日目。フランスといえば、そうモンサンミッシェルですよね。ということで、もちろん行くことに。

個人でも電車やバスを使えば簡単にアクセスできるみたいなんですが、この日はメーデーのため、公共施設も運行状況が違うかも…というこで、調べるのとかぶっちゃけ面倒だったので(笑)、事前に日本でEmi Travelモンサンミッシェルへの日帰りツアーに申し込んでいました。

ちなみに、メーデーは街中の施設は閉まっちゃうし、観光施設もオープンしてたりしてなかったり…とのことですので、出来るだけ避けることをお勧めします。まあ、ゴールデンウィークだとどうしても重なっちゃうんですけどね。

で、このツアーはモンサミッシェルだけじゃなく、途中の村もちょこっと立ち寄るんですね。この日はブブロン村という、何でも「美しい村100選」(だったかな)に選ばれるくらい、綺麗な村に立ち寄るそうです。

の前にツアーの話。

集合。

早朝にオペラ座付近のEmi Travel事務所に向かい、バスに乗り込みます。祝日の朝のオペラ座はさすがに閑散としており、違った雰囲気で素敵でした。
なお、早朝の電車はドキドキしましたが、特に何事もなく平穏でした。

集合してバスに乗り込むんですけど、案の定、他の皆さんはグループで参加ですよね。カップルとか、カップルとか、カップルとか。

1人参加は僕ともう1人女性がいたぐらいでした。その人を誘って一緒に回ろうかとも思ったんですけど、バスを降りたらさっさと行ってしまったため実現できず。

ちなみに、バス車内ではガイドさんがモンサンミッシェルの見どころとか、パリでのおすすめ観光スポットとかを案内してくれます。また、各グループを回って個別に質問タイムをくれるんですが、その際すげえ気まずかったっす。笑

ブブロン村到着

そんな辱めをうけつつ、しばらく走ると到着です。まあかわいらしい感じの村。
左下に映っている人たちは、何やら大掛かりな機材をもって撮影していました。それぐらい有名なんですね、きっと。

ブブロン村は、人口が250人程度の非常に小さな村で、30分もあれば村中を見て回れます。

町の模様がとても独特ですね。なんでも、17世紀に建てられて、そのままになっているそうです。

バスを降りる前に、このパン屋さんの「ブブロン」っていうパンがおススメ、とガイドさんがゴリ押ししていたので、まあツアー参加者は全員それ買いに行きますよね。笑 実際、リンゴとシードルが入ったアップルパイのようなパンで、美味しかったです。
実は朝ご飯を食べていなかったので、ここで食べれてラッキー。

町の中央にある雑貨屋さん。かわいい小物がたくさん売ってました。
こんな感じのお店とかカフェとかがたくさんありました。ただ、メーデーのせいか結構しまっているところが多かったのが残念でした。

村をゆっくりと1周したところで、ちょうどいい感じで集合時間になりました。ちょっと小雨が降ってきたのが気になるのですが、待ちに待ったモンサンミッシェルです。