リクルートエージェントを利用してみた話。

20代もカウントダウンが始まり、30代がどんどん近づいている今日この頃。社会人になってからそれなりの年数が経ち、自分のキャリアを考え直す時期に差し掛かりました。実際に周りの同期も、結構転職していきました。

そこで、自分も転職活動とやらをしてみるか、と思い立ち、リクルートエージェントを利用してみました。結果から言うと転職活動は少し待とうかなと思うのですが、そこまでの経緯とか、利用してみた感想とか。

登録するまで

当方、新卒で入社した会社(メーカー)でスタッフ職をしています。運よく希望職種に配属され、それなりに楽しく仕事をしています。いや、だって営業とかマジ無理。(コミュ障。)

会社は裁量労働制なのですごく自由が利きます。また、人間関係も良好で、上司はみんな尊敬できる人ですし、先輩もまともな人ばかり、同期も非常に仲が良く…と、手前味噌ですが、弊社の労働環境は非常に恵まれていると思います。

一方で、ずーっと同じ職種なので、日々の仕事がマンネリ化してきたのもまた事実。もちろん、大きな案件を一人で任されるようになってきて、非常にやりがい(といい意味でのストレス)を感じることもあるんですけどね。
マンネリ化というのは、言い方を変えれば与えられた仕事を一人でこなせる実力がついたということでもあり、仕事が落ち着いているというのはプライベートを充実させるには非常にいいことなんでしょうが、「ずーっとこのままでいいのか?」と考えると、少しもやもやします。

あと、新卒で今の会社に入ったため、外の会社のことを知らないというのもあります。専門職ではありますが、「この会社で身に着けた知識は、他の会社でも通用するのだろうか?」という漠然とした不安を持つこともあります。

…という内容を先輩に相談したところ、「もやもやを解消するためには、いったん外の環境を見てみるのがいいんじゃない?」とアドバイスを受け、転職サイトに登録してみました。ちなみに、その先輩はキャリア入社組で、今の会社に入ってからも何回か転職活動をしてみた(けど結局やめた)ことがあるらしいです。

まずはリクナビネクストに登録

そんなアドバイスももらったので、まずは転職サイトに登録してみることに。

最近の転職ブームもあり、転職サイトはまさに戦国時代。非常にいろいろなサイトがあります。かるーく調べてみたものの、結局どこに登録すればいいのか分からず、こういう時はとりあえず大手に登録すべし!という何とも短絡的な思想で、まずはリクナビNEXTに登録することにしました。

リクナビNEXTのシステム

リクナビNEXTに自分のステータスや希望求人情報を登録すると、転職エージェントから求人紹介がメールで届くようになります。この転職エージェントというのは、企業からの求人情報をとりまとめて我々に紹介してくれる、ハローワーク的な人たちのことです。この人たちは必ずしもリクナビの人ではなく、リクナビが提携している人材会社の人であることがほとんどです。リクナビは、単にプラットフォームを提供しているだけなんですね。

その中で興味のある求人があれば、その求人を紹介してくれたエージェントとコンタクトを取って、本格的に転職活動の準備を始めることになります。

エージェント、君に決めた!

登録してから2週間ほどは、とりあえず市場にどの程度求人情報があるものかを見極めるため、まずは様子見をすることにしました。

リクナビNEXTからは、大体1日に10通以上のメールが届きます。ただ、その中にはエージェントは違うものの同じ企業の紹介であったり、以前受信した求人の催促メールだったりが半分ぐらいを占めます。なので、実質的に新しい求人情報が含まれているのはその中の半分以下。ただ、僕のような専門職でも意外と求人はあることが分かり、一安心。

と、そんな感じで求人情報を眺めていたある日。面白そうな企業からの求人情報をゲットしました。これはいいな、と思ってよく見たところ、たまたまその案件はリクルートエージェントからの求人でした。この時点で転職するかどうかはあいまいな状況のままでしたが、この求人に応募するかはさておき、大手なら転職そのものとかキャリアパスに対するアドバイスもくれるのでは?と思い、面談を申し込んでみました。

ちなみに、リクナビNEXTのメールはサイトに登録した自分のメールアドレスにも同時に配信されて、これは受信拒否設定ができません(受信拒否=紹介中止、という扱いになる)。毎日毎日自分のメールBOXに大量のメールが届くのは非常にうざいので、この点は改善してもらえませんかねえ、リクルートさん。

いざ、面談。

リクルートエージェントとの面談を申し込むと、まずはリクルートエージェントのサイトから個人情報を登録するように言われます。なんでリクナビNEXTに登録してあるにもかかわらず、同じ情報を再度登録しないとダメなのかと若干イライラしましたが、どうやら、面談で教えてもらったのですが、リクルートエージェントはリクナビNEXTとは別会社のようです。同じグループ会社でも、個人情報は扱いが厳しいため共有できない、ということだそうです。何とも不便な世の中ですね。

その後、面談の前にはプロフィールシートと職務経歴書、アンケート、顔写真を提出することを要求されます。プロフィールシートとは簡単な自己紹介、職務経歴書はこれまでの仕事内容をがっつり書く用紙です。どちらも見本があるので、それを真似て提出しました。

あと、顔写真の提出も求められます。当日持参するかWEBからアップするかを選べるのですが、たまたまその週が非常に忙しく、用意する時間がありませんでした…。どうしようと思っていたら、たまたまPCの中に〇年前の就活の際に使った写真のデータがあったので、それをこっそり流用しました。学生当時の写真(しかもリクスーですが、意外とばれませんでした。笑

そして当日。

大手町のリクルートエージェントまで向かいます。東京駅八重洲南口から徒歩3分程度。近くて便利です。

面談は土曜日だったため、ビルのエレベーターの前で受付のお姉さんからカードをもらい入館します。エレベーターで23階まで向かうのですが、エレベーターが透明でおしゃれ、かつ東京駅を上から見下ろせるので非常にいい景色でした。笑

受付で丁寧に挨拶された後、個室に案内されます。大体60部屋ぐらいの部屋があり、机の上にパソコンが置いてあり、それを挟んで向かい合って座る形です。

しばらく待っていると、エージェントの方が来ました。挨拶もそこそこに、まずは転職を考え始めた理由を深堀りされていきます。僕は冒頭で書いた旨を伝えると、「例えば、大手のメーカーに転職したとしても、大手だと保守的だからあまり変化がないかもしれない。一方で、ベンチャーだといろいろな仕事が回ってくるから幅は広がるけど、給料は現状よりも落ちるかもしれない。こういう風に考えた時に、あなたにとって、一番大事なのは何ですか?」といった感じで、色々な角度から問いかけをしてくれます。いわゆる自己分析ってやつですね。さらに、事前に提出していたアンケートをもとに、パーソナリティ診断(といっても4タイプに分類するっていう非常に大雑把なものですが)をしてくれました。

以上を基に、自分の向いている業種や会社を一緒に考えていきます。僕の場合、「ほかの業種を見たいので、メーカーでも違う商材のところがいい」、「でも生活レベルは落としたくないので給料は少なくても現状と同等(=そうすると必然的に大手メーカーになる)」、「勤務地や福利厚生はこだわらない」といった感じでチョイスしていきました。

求人チェック

そして、具体的な求人情報をチェックしていきます。事前にいくつか用意しておいてくれたものと、その場で調べた求人情報を一緒にチェックし、どこを見ればいいのかのポイントとかを教えてくれます。

求人情報は基本的にはリクルートエージェントのサイトから自分で調べられる情報を見るんですが、なんとエージェントの人は他の応募者の選考状況まで見れて、この場でその情報を共有してくれます。なんとも素晴らしいシステム。ただ、紹介された中で興味を持った会社は15人程度応募があるのにことごとく書類で落としていて、本当に採用する気はあるのだろうか?と不安になりました。笑

あと、リクナビNEXTで興味を持った会社の求人情報はありませんでした。採用が終了したのでしょうか?疑問でしたが、エージェントの人からも特に何も言われなかったので、なんなんでしょう。こっちがその求人に興味をもって応募したことは分かっているはずなのに、ちょっと疑問が残りました。

あと、どうでもいい話ですが、お昼過ぎの面談だったせいか、時折エージェントの方のお腹が鳴る音が聞こえました。笑

面接対策セミナー

面談後は、もうちょっと職務経歴書を詳しくアップデートするとともに、面接対策セミナーをやっているのでそっちに出席するよう勧められました。なので、早速翌週の日曜日のお昼に予約していってきました。

会場の雰囲気

地下1階の会議室での開催で、人数は40~50人程度。日曜日ということもあり、参加者の全員が私服でした。年齢層は20~30代の人が圧倒的に多く、ぽつぽつと40代以上の方がいらっしゃる感じですかね。

講義の内容

リクルートともあろう大企業であれば講師も自前なんだろうと思ってたのですが、どうやらフリーランスの方だそうです。意外。

実際の講義の内容はネタバレになるので控えますが、前半・後半の2部構成となっていまして、前半がいわゆる自己分析系の話と中途採用のポイント、後半が面接対策に重点を置いた内容となっていました。

当方、こういうセミナーが大嫌いなんです。こういうところの講師って、大体「なんで?なんで?」を繰り返しているだけで指導した気になっている人とか、当たり前のことをさも素晴らしいことのように誇張して指導してくる人が多くないですか?だから、会社の研修なんかもそうですが、当方、こういうセミナーの講師が言うことは大体信じていません。

が、この講義は結構面白かったですよ。「中途採用ってこういうことをアピールすればいいんだ」とか「自分のキャリアってこういうアピールの仕方もあるのか」とか、中途採用に関する知識が皆無だったもので、非常に新鮮でした。そして、いわゆる自己分析系はさらっとやり方のコツだけを教えてくれて、ありがちな「横の人と話してみましょう」的なのがなかったのも高評価でした。笑

そして現在。

ここまで来て考える。「自分は本当に転職したいのだろうか?」と。

確かに今の会社に不満もあるけど、このまま残り続ければチャンスもあるはず。環境を変えることはリスクも付きまとう。それでもリスクを取りたいと思えるほど、強い意志はあるのだろうか。

…難しいですね。とりあえず何社か応募はしてみようと思ってはいるのですが、なかなか動くことができずだらだらとしている、そんな状況でこの記事を書いているのでした。苦笑