結局、クレジットカードは楽天カードが最強だと思う7つの理由

f:id:shishi-toh:20171029214324j:plain

クレジットカードといえば、楽天カードの名前を思い出す人も多いのではないでしょうか。当方も例にもれず所有しています。

楽天カードは対応が悪いとか見た目がダサいとかいろいろ言われていますが、実際使ってみるとやっぱり使い勝手が非常によくて便利だなあと思うのです。なので、その理由をまとめてみました。

1ポイント=1円が分かりやすい

楽天カードで決済すると、100円当たり楽天ポイントが1ポイント付与されます。そして、楽天ポイント1ポイント=1円で使えます。そのため、例えば「2000円買えば20ポイント=20円の得」「15000円の買い物だと150ポイント=150円の得」等、感覚的に計算できるので、非常に計算しやすいです。

なんだ当たり前じゃん?という気もしますが、例えばクレジットカードの代表格である三井住友VISAカードのポイントシステムは「1000円=1ポイント」で、かつ「1ポイント=5円相当」なので、例えば15000円の買い物をしたときは、「えーっと、150ポイントもらえて、1ポイント=5円だから、750円か」という計算をしなくてはいけません。

いや、どちらも暗算レベルなんでほんの数秒の差なんですよ。でも、この「感覚的にお得さが分かる」というのは、普段利用する方からすると非常に楽です。

おそらくですが、三井住友VISAカードが「1000円=1ポイント」としているのは、還元率を変更しやすくするためだと思います。
というのも、例えば「1000円=5ポイント(1ポイント=1円)」としてしまうと、仮に還元率を変更する場合、「1000円=4ポイント」等と付与するポイント数を変更する必要が生じ、大きな混乱が生じますし、ユーザーのイメージも悪いです。一方で、あくまで付与は1ポイントとしておいて、交換単位を「1ポイント=4円」とすると、交換先のポイント毎に柔軟な対応ができますし、ユーザーもそこまで深刻にとらえないのではないでしょうか。

なお、上記は全部当方の勝手な想像ですのでご了承ください。

ポイント最低交換単位がない(1円から使える)

上で述べた三井住友VISAカードの場合、ポイントを交換するには最低交換単位が定められています。大体の交換が「200ポイント以上100ポイント単位」となっているので、例えば199ポイントしかたまらなかった場合は貯めたポイントが丸々無駄になってしまいますし、それを超えた場合でも最大99ポイントを無駄にしてしまう可能性があります。しかも、2年以内に交換しないと失効してしまいます。(まあ、メインカードとして使用していればそんなリスクはそこまで高くないと思いますが。)

一方で、楽天ポイントは1ポイントから使えます楽天で買い物をするときにちょっとした端数を支払ったりできるので便利です。そして、楽天ポイント実質無期限です。ということは、貯めたポイントが無駄にならないということです。これは精神衛生的に非常に気が楽です。

大体何でも買える

これはそのままなのですが、貯めたポイントを使うとき、楽天であれば大体何でも買えます。場合によってはAmazonの方が安いこともあったりしますが、ポイント還元率を考慮すると実質同額だったりすることも多いですし、そうでなくても、そういったものはAmazonで買って、他の物を買えばいいだけです。なので、ポイントが無駄になりません。

年会費無料

楽天カードは、年会費無料です。年会費無料のクレジットカードには「年間〇円以上の利用で年会費無料」とか、中には「リボ払いだと年会費無料」などというふざけたカードもある中で、楽天カードは条件なく年会費無料です。なので、気軽に持つことができます。

Edyがついてる、かつチャージでポイントが貯まる

楽天カードにはEdyが付帯しています。そして、Edyをチャージした場合にはチャージ金額の0.5%が付与されます

0.5%って目減りしてない?と思うかもしれませんが、実はEdyEdyで決済すると200円=1ポイント(0.5%相当)が付与されるので、チャージ分と合わせると還元率は1%になるんですね。なので、実質同等です。(細かい話をすれば、200円以下の決済だと0ポイントなので損をしますが。)

Edyのチャージでポイントが貯まるカードというのはずいぶん減ってきており、現在では結構貴重なカードです。欲を言うと、Edy楽天のサービスなんだから、チャージで1%くれてもいいと思うですが…。その方がEdyの普及にもなると思いますし。

楽天SPUのおかげで楽天での買い物がお得

楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というものがあり、楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると、ポイントが+3%(計4%)になります。ポイントサイト経由で買い物をするとさらに+1%されるので、実質5%オフで買い物ができることになります。

難点は、この+3%のポイントは期間限定ポイントであることでしょうか。有効期間内に使い切らないと失効してしまうので、そこがいつも悩ましいところで、時には使いきれずに失効させてしまったこともあります…。

入会キャンペーンで数千ポイントゲット

大体楽天カードはいつも入会キャンペーンをやっていて、入会するだけで5000ポイントがもらえたりします。そして、このポイントが上乗せされるキャンペーンもちょいちょいやっています。

上乗せキャンペーンについては以下のブログにて分析されていますので、ご参考まで。

楽天カード作成で8,000ポイントもらえる入会キャンペーンは、いつ、どのタイミングで実施されてる?お得に楽天カードを作成したい方に。 - クレジットカードの読みもの

あとは、ハピタスモッピーなんかでも結構大きめのポイントが付くキャンペーンを時々やっているので、そちらも要チェックですね。

まとめ

とまあそんな感じで、楽天カードのいいところをまとめてみました。

当方は以前もお伝えしている通りJAL Club Estがメインなので、あくまで楽天カードはサブとして利用していますが、ポイントが無駄にならないという意味で、サブに使うには非常に便利なカードだと思います。ですので、このカードもしばらくは使い続けていきたいと思います。