チャンギ空港第4ターミナルとベトナムでのJAL乗り継ぎの話。

こないだ出張でシンガポールに行ってきました。

行きは普通にJALの直行便だったんですが、帰りがベトナム航空でホーチミンまで行きJALに乗り換え、という少し変わったフライトだったので、その記録とか。

なお、シンガポールでは2泊しましたが、ホテルと打合せ先の往復しかしておらず、観光の時間はゼロでした…。

フライト

出張が決まったのが1週間前だったため、行き・帰り共に直行便のフライトは埋まっていました。そこで、JALのホームページで検索したところ、帰りの便がベトナム経由のものがあり、乗り継ぎもよかったのでそれを利用することにしました。

ただ、シンガポールベトナムのフライトはベトナム航空だったんですよね。ベトナム航空ってスカイチームJALとはアライアンスが異なるし、コードシェアANAとしているしで、本当に乗り継ぎは大丈夫なのか?と不安に思いつつ、利用しました。

チャンギ空港第4ターミナル

ベトナム航空は、シンガポールチャンギ空港の第4ターミナルから搭乗します。この第4ターミナル、なんと今年の10/31にオープンしたばかりだそうで。

チケット発券

シンガポールからはVN658便に乗り、ホーチミンへ向かいます。ベトナム航空のチェックインカウンターでは、やはりこのVN658便の分しかチケットは出してくれず、「JALの分はホーチミンの乗り継ぎカウンターで発券してね」ということでした。

ちなみに、ベトナムに入国する場合、「前回の滞在から30日以内に再入国する場合」にはビザがいるらしいです(チェックインカウンターで確認されました)。不思議なシステムですね。乗り継ぎの際は入国不要だったんですが、その場合でもビザが必要なんですかね。

いざ、中へ。

最近できたということもあり、各航空会社のチェックイン場所から出国手続き・荷物検査の場所が非常に近いのが特徴です。カウンターの真横に出国審査スペースがあり、それを超えると目の前に荷物検査場があるという。めちゃくちゃコンパクトで便利。

中はこんな感じ。謎オブジェがお出迎えしてくれます。

出国手続きはすぐできますが、反面、搭乗口まではめちゃくちゃ歩かされます。

免税店ゾーンもそこそこありました。ただ、時間的な問題か人がほとんどおらず閑散としていました。なお、この辺りにしかお店はなかったので、時間をつぶすのであれば入ってすぐのところでブラブラするのがいいかと。

レストランゾーンと謎オブジェ。この謎オブジェ、実は寝転ぶところみたいです。中に入ってな転んでいる人がいたので、多分、ですけど。。。

待合スペースはこんな感じ。おしゃれな椅子。左側の椅子に座りましたが、座り心地は良かったです。ただ、あんまり数がないので早めに確保しないと座れないかもしれません。

ホーチミン乗り継ぎ

VN658便は2時間ほどのフライトですが、機内食が出ました。ただ、味はお察しだったのでデザートだけいただきましたが…。

飛行機を降りてTransitの案内に従って進むと、ここに出ます。左奥に見えるのが入国審査場で、この目の前の緑のゾーンが乗り継ぎチケット発券カウンターです。

ただ、ここにはベトナム航空の人しかおらず、「JALに乗り継ぎしたいんだけど」と声をかけたところ、どこかに電話をした後、「少し待ってて」といって20分ぐらい放置されました…。

不安に思っていましたが、単純にJALのスタッフを呼び出してくれていただけだったようで、無事にJALのスタッフがカウンターを開けてくれて、チケットを発券してくれました。

ちなみに、トランジットの場合はこの隅っこのドアをくぐって荷物検査場へ向かいます。こんなん分かるかい!ってぐらいひっそりあるので、注意してください。笑

そして、荷物検査場では当方のベルトが反応してピーっと鳴ったにもかかわらず、スタッフの人はスルーでした。…いいのか?(当然、怪しいものは何も持っていませんが。)

 

以上、チャンギ空港ホーチミンでの乗り継ぎについてでした。乗り継ぎカウンターでチケット発券って初めての経験だったので、いい思い出になりました。肝心の仕事は散々でしたが…。