ソラチカルートの終了を考える。

f:id:shishi-toh:20180109223443j:plain

昨日、陸マイラー達を襲った衝撃のニュース。それは、ソラチカルートの終了。

当方はJAL派ですし、そもそもソラチカカードを持っておらず陸マイル活動もしていないので全く影響はないのですが、陸マイラーさんたちのブログは好きでよく見ていますので、衝撃の大きさは分かります。そして、何より今一番ホットな話題ということで、さらっと触れてみたいと思います。

陸マイラーとは

陸マイラーとは、飛行機に乗らずに、クレジットカードの利用やポイントサイトの利用でマイルを貯める人たちのことを言います。ちなみに、「陸」とかいて「おか」と読むらしいです。なんで素直に「りく」じゃないんですかね?笑

ソラチカルートとは

「ソラチカルート」でググるとうんざりするぐらいのブログが出てくる(しもう終了するし。笑)のでここでは解説しません。ざっくりいうと、ポイントサイトの利用で貯めたポイントをお得にANAマイルに交換するため、まずは東京メトロのメトロポイントに交換し、その後にANAマイルに交換する方法です。

通常、ポイントサイトから直接ANAマイルにすると30%~50%に目減りしていしまいますが、ソラチカルートの場合は90%で交換できたんですね。この場合、1マイル=1.5円で計算しても、マイルに交換する方がお得になります。

で、多くの陸マイラー達は、ポイントサイトでポイントを荒稼ぎし、マイルに交換することで、ビジネスクラスの航空券に変えたりとラグジュアリーな飛行機ライフを過ごしていらっしゃいました。

なお、ポイントサイトについては以下参照。

なぜ改悪になったのか。

ただ、このソラチカルートについては、近々改悪されることが予想されていました。

原因はよくわかりませんが、皆さんが口をそろえて言うのは、いくら何でもソラチカルートが広まりすぎたということ。「ソラチカ」や「マイル」で検索すると、ソラチカルートの解説をする陸マイラーブログがうんざりするぐらい出てきます。彼らはアフィリエイトや紹介システムでさらに収益を得ていたのですが、それに惹かれた陸マイラーたちがあれよあれよという間にブログを書き始め、似たようなブログが巷に溢れるようになりました。

ここからは完全な推測ですが、おそらく、陸マイラーの方々がちゃんとソラチカカードを決済に利用していれば、東京メトロJCBも収入が得られるため、廃止は免れたのではないかと思います。しかし、どのブログでも「ソラチカカードは死蔵(使わないで眠らせておくこと)しましょう!」と煽っていたため、メトロもJCBも旨味がないと判断したのでしょうね。メトロもJCBも、カード維持費や手数料ばかりかかって、肝心のカード利用収益が得られませんし。

今後、どうなるのか?

ソラチカルートが廃止された今、陸マイラーたちはどうなるんでしょうか。

1つは、LINEポイントルートに変えるということ。これも解説は避けますが、メトロポイントの代わりにLINEポイントを経由させる方法はまだ塞がれていませんので、こちらに乗り換える方法が考えられます。ただ、こちらも廃止されるのは時間の問題な気がします。

2つ目は、モッピーJALルートに乗り換える方法。モッピーはJALマイルに90%で交換できますからね。ただ、これはあくまでキャンペーン期間限定なので、これに依存するのは危険です。また、既にANAの上級会員である陸マイラーたちが、JALに乗り換えるのかは疑問です。

なので、いずれにせよ陸マイラーの勢力は減少することが想定されますね。

それでも、ポイントサイトは有益だと思う

ソラチカルートは塞がれてしまいましたが、ポイントサイト自体は有効なことには変わりないと思います。仮に交換レートが50%になったとしても、今まで1年で貯めていたマイルを、2年かけて貯めればいいだけの話ですからね。

また、2年もかけたくない!という場合でも、今までマイルに変えていたポイントを、現金やAmazonギフト券等に交換することでお小遣い稼ぎにはなります。それだけでも年間10万円以上にはなるわけですし。(費用対効果は分かりませんが、カード作ったり口座開設したりであればさほど労力はかからないでしょう。)

そりゃ、今までのようにビジネスクラスに年に何回も乗る、なんていうことは出来なくなります。ただ、今までがバブルだっただけで、本来あるべき姿に戻ったと考えれば、気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

教訓

いつぞやの雨金祭りもそうですが、学ぶべきこととしては、「美味い儲け話は、いつか潰される」ということですかね。極端におびえる必要はありませんが、長期的な視野も持ったうえで物事を判断する癖を身に着けたいですね。