ビューカード(JALカードSuica)の利用額を繰り上げ返済した話。

先日の記事の続きなのですが。

ベルリッツの入会費用をJALカードSuicaで支払ったものの、高額だったゆえに利用枠が限度額いっぱいになってしまい、Suicaのチャージすらできない状況に陥りました。引き落としは翌々月の4日なので、これを待っていると当面このカードが死んでしまうことになります。そこで、利用枠を回復させるため、利用額の前払いをしたというお話。

前払いの方法

ビューカードのホームページに、そのやり方が載っています。

便利なのは、JRの駅に設置されているATM(VIEW ALTTE)から返済する方法。これだと、特にカード会社に連絡したりする必要はなく、AMTの操作だけで前払いが簡単にできます。

ただ、1つ問題点がありまして。それは、ATMは50万円までの前払いにしか対応していないということ。当方の利用金額は50万円を超えていたため、大人しくビューカードに電話してやり方を聞きました。

振込方法

ビューカードセンターに電話し、3→2の順でプッシュするとオペレーターさんに繋がります。そこで、利用額の前払いをしたい旨を伝えると、すんなりOKしてもらえました。

その際に聞いた注意点としては、

  • 振込の際は、振込名義人の名前の後ろに指定された9桁の数字を付ける必要あり
  • 利用枠の回復は早くて明日、遅くて明後日になる
  • 電話したのが1/3だったのですが、1/4引き落とし分も含めて振り込む必要がある。ただ、1/4の自動引き落としは止められないので、銀行口座を調整して残高不足にするか、一旦引き落としてから後日(今月末を目途に)返金という形になる
  • ポイントは、本来引き落とすはずだった月の明細にて計上される(12月利用分であれば、2月の明細にて付与)

ということでした。特に、3点目について、ビューカード側は残高不足にすることを推奨してきたんですけど、これってクレヒスが傷つくのでは…?当方は引き落とし口座がメインバンクゆえにあっさり断ったのでその辺のことは確認していないのですが、気になる方は確認してみてください。笑

振り込んだ結果

上記を聞いた後、早速ネットバンキングで代金を振り込んだところ、無事に翌日の午後には利用枠が回復していました。これで引き続きJALカードSuicaでマイルを貯めていけそうです。

ビューカードは電話すると割とすぐ繋がりますし、対応もまずまずの印象です。あとは利用枠がしょっぱいことを何とかしてくれれば、とてもいいカードなんですけどね。笑