年末年始スペイン旅行・いきなりカサ・バトリョ

スペイン旅行・1日目の続き。バルセロナの空港に降り立ち、ホテルにチェックインした後は、早速1日目に予定していたカサ・バトリョの観光に行ってきました。

なんでいきなりカサ・バトリョに行くことにしたかというと、宿泊したホテルから歩いて10分ぐらいの距離だったので、これなら初日にも行けるんじゃね?と考えたためです。2日目にしてもよかったんですけど、割と予定がキツキツだったので、1日目に行ってしまうことにしました。そのお話。

空港でSIMカードをゲットする。

f:id:shishi-toh:20180111221000j:plain

観光の話の前に、まずは空港でのお話。スペイン(というかヨーロッパ)は旅行者向けのプリペイドSIMカードが安く手に入るということで、今回はWi-Fiはレンタルせずに、手持ちのSIMフリーXperia Z5 CompactのSIMを入れ替えて使うことにしました。

バルセロナの空港の到着ロビーにはVodafoneが入っていまして、そこで上記SIMカードを売っています。通話が50分・データが2GBまでで、約20ユーロ。レンタルWi-Fiを借りるより断然お得ですね。

使い方もいたって簡単で、SIMカードを入れて、パッケージ記載のパスコードを入れれば完了。Wi-Fiルータが不要なので荷物が減りますし、何より手持ちのスマホをいつも通り使えるというのは非常にストレスフリーでした。おススメ。

ホテルに移動

空港からはタクシーで移動しました。確か30ユーロぐらいだったと思います。バスが一般的な選択肢のようなのですが、3人だったので値段的にも大差ない+ホテルまで直行してくれるという便利さから、満場一致でタクシーを使うことになりました。笑

カサ・バトリョ

荷物を置いた後は、カサ・バトリョに行きます。チケットは事前にネットで購入していました。

カサ・バトリョは、ガウディが建築した建物で、世界遺産に指定されています。海をテーマに作られた建物で、内部は長い間非公開だったものの、2002年に公開されるようになったそうです。

内部はこんな感じです。面白かったのは、ここのオーディオガイドはスマホなのですが、対応する番号を押すと室内の風景が画面に現れ、実際に画面の風景と実際の風景を合わせるとスマホ上に様々なアニメーションが飛び出す仕組みになっています。海ということで、海の生物たちや貝が出てきたりと、飽きさせない仕組みになっています。

ちなみに、オーディオガイドは日本語もあります。

吹き抜けはこんな感じになっています。この写真は上層部で撮影したのですが、実際はもっと下まで続いていまして、上に行くほど濃い青色になります。これは、光の差し込み具合によって均一に青く見せるためだそうです。この空間はまさに海っていう感じでした。ただ、階段がめちゃくちゃ長いので上るのはそれなりに疲れます。笑

屋上はこんな感じ。モニュメントもいちいち不思議な形をしていますね。

ふと下を見ると、屋根の上にトカゲの置物が乗っていました。こういうセンスがニクいですよねw

その後

とまあ、こんな感じでスペイン1つ目の観光スポットを満喫した後は、近くのバルでさくっと夕食を済ませ、買い出しをしてホテルに戻り就寝しました。

スペインのバルってホントすごいです。時間を問わず、お酒1杯+小皿(タパスっていいます)1つをさくっと飲食して出ていく人が多く、素敵な文化だな~と思いました。しかもめちゃくちゃ安い。
我々も真似してみようと試みたのですが、タパスがどれもおいしく、ついつい頼みすぎてしまい、結局長居してしまう…ということの連続でした。笑 でも、適当に入ったお店でもどこも全部美味しく、また1人でもカウンターでさくっと食事ができるのは、1人旅なんかにもよさそうですね。