鼻のクリニック東京で手術をした話(その3・1回目の手術)

さて、ようやく手術のお話。1回目は、下鼻甲介手術・鼻中隔矯正術です。
手術までの話はこちら。

1回目の手術(下鼻甲介手術・鼻中隔矯正術)の朝

前回の記事に書いた通り、飲み物は6時までしか飲めないので、早起きして水分補給をしました。そして駅に向かう途中のコンビニで昼食用のお茶とおにぎりを買っていきました。
病院には8時に来るように言われました。手術には同伴者が必要なので、僕は両親を実家から呼び寄せて、ビルの1階で待ち合わせました。

病院の中

無事に合流して病院へ向かいます。いつもは3階の受付ですが、手術は4階で行うので直接4階に向かいます。少し小さめの簡易受付みたいなものがあり、そこで事前に渡されていた手術の同意書等々を渡して、中へ入ります。

中はすげえ綺麗な施設でした。少し近未来的な感じですね。興奮しました。笑
中にはオペルームが3~4つと、個室が10部屋ぐらいあり、そのうちの1つに案内されます。手術は午前中だけですが、その間にかなりの患者さんが手術することが分かります。

部屋に入ると、まずは手術着(ガウンみたいな)に着替えるよう言われます。その後、SpO2や体温・血圧を測定します。その後、麻酔科の先生と主治医の先生からそれぞれ説明があり、手術まで待機するよう言われました。
幸運なことに、僕は1番目の手術だったので待ち時間はさほどなく手術に案内されました。

手術~手術後

そして時間になったので手術室へ看護師さんと歩いて向かいます。部屋の前で、手をアルコール消毒(よくデパートとかにあるやつ)をして、手術台に寝ころびます。そして電極や酸素マスクをつけられていきます。まな板の上の鯉の気分(笑)。
そして「麻酔打ちますねー」と言われ、「はーい」と答えた瞬間…はい、次に気づいた時には手術は既に終わってました(笑)。僕は部屋に運ばれてる最中のベッドの上で目が覚めました。全身麻酔って初めてだったんですが、すごい…。

その後、だるい体を起こして個室のベッドに移動し、横になります。痛みはほとんどなく、あるとすれば鼻に水が入った時のツーンとした感じが、かなり弱く続いている感じです。看護師さんからは「痛みを0~10で表現してください」を聞かれましたが、僕は1と答えました。そのレベルです。

鼻の下には出血を受け止める用のガーゼを貼られているのですが、鼻からは結構な頻度で出血するので、非常に不快です。ただ頭は元気ですし、痛みもないのでまあ何とかなるレベルです。ただ、血のしみ込んだガーゼが鼻にくっついているのがどうにも気持ち悪くて、ガーゼは頻繁に変えました。
あと、喉から痰として血が出てくることは聞いていましたが、それに加えて目から血が出てきました。これは焦った。看護師さん曰く、本来なら鼻から流れ落ちるはじずの血が、ガーゼが詰まっていることにより下に落ちずに上(目)の方に行ってしまっているのだろうということでした。ただ、しばらくすると収まりました。

30分ぐらい横になった後、ご飯を食べるように言われました。特にお腹はすいていませんでしたが、「異常がないか確認する意味でも食べてください」と言われたので渋々食べたところ、元気が出ました。その後、痛み止めをもらったのでそれを服用しました。別に痛みはなかったのですが、今後痛みが出てくる可能性もあるので念のため飲んでおくことをお勧めすると言われ、それに従いました。

退院~当日

退院は午後にならないとできないということだったので、ひたすら親としゃべったり横になったりして過ごしました。元気は元気なのですが、本を読んだりゲームをしたり…という元気さはないので、寝ておくのがいいんでしょうね。ちなみに、鼻にガーゼが詰まっていますが、会話は普通にできます。

その後、何もなければお会計を済ませ、薬(抗生物質と痛み止め)をもらい、退院します。痛み止めは結局この日の寝る前に念のために飲んだ1つのみで、その後は飲みませんでした。また、不安だったので予備のガーゼをもらいました。

手術当日は付添人の見守りが必須・かつタクシーか自家用車で帰る必要がある(電車やバスは不可)ということなので、近くのホテルに両親と一緒に宿泊しました。体調は悪くはないのですが、だるさが残ります。あと、37度ぐらいの熱が出ました(すぐ下がりましたが)。外食不可ということなので、晩御飯は親にデパ地下でお弁当を買ってきてもらい、それをみんなで食べて、さっさと寝ました。

翌日以降

日帰り手術を売りにしていて、早期の職場復帰等も可能ということをうたっているので、辛いのは1日ぐらいかと思いましたが、そうでもありませんでした…。

まず手術翌日~2日目。相変わらず出血が続いています。また、ガーゼがパンパンに詰まっているので口呼吸になります。口呼吸なのはもう慣れっこなので何とも思わないのですが、出血がやっぱり不快です。常に出ているわけではなく、定期的にドロッとした血が流れ落ちてくる感じです。ただ、発熱や痛みはなかったので、軽症なほうなのかもしれません。

3日目になると、出血も比較的落ち着いてきました。ただ、体は相変わらずなんとなくだるさが続いており出社する気にはなれなかったので、会社は休みました。

そして4日目。この日が2回目の手術です。やっとガーゼを取ってもらえると思うと待ち遠しくて待ち遠しくて仕方なかったです。笑

長くなったので2回目の手術は次の記事で。