アイスランド1周旅行・続ダイヤモンドサークルと名もなき海岸

アイスランド1周旅行の6日目。徐々に旅も終わりに近づいてきました。
この日は、ダイヤモンドサークルのうち、昨日行けなかった場所を巡ります。

神々の滝・ゴーザフォス

ええ、また滝です
ゴーザフォスとは「神々の滝」という意味です。なんでも、アイスランドが国教をキリスト教に制定した時に、それまで信じていた神々の偶像をこの滝に投げ捨てたことから、この名前になった…と近くにあった看板に書いてありました。宗教に深く接していない僕からすると、何も投げ捨てなくてもよかったのではないかと思うのですが(笑)、それだけ一大事だったということなんでしょうね。

下から見るとこんな感じです。これまでの滝と比べると、落差は一番低いんですが、左右対称な感じが美しいですね。
冬に来ると、滝が完全に凍っていてとても綺麗だそうです。ぜひそちらも見てみたいですね。

この滝、逆側からも見ることができます。こちら側から見ると、流れる水の多さに気付かされます。これだけの水があれば、確かに投げ捨てられた偶像はもう見つからなさそうですね。笑

落ちる滝・デティフォス

次はデティフォスという滝に向かいます。これがアイスランドで最後の滝です。
この滝、とても山奥にありまして、昨日えらい目を見た3桁の国道を通らないといけません。この道も未整備でハードでしたが、昨日の931号線ほどではありませんでした。ただ、長いので辛抱が必要です。
ちなみに、上の写真は滝の下流の様子です。これはこれでとても綺麗でした。

デティフォスは「落ちる滝」という意味だそうです。滝って全部落ちるものでは?とかいう野暮な突込みはナシです。笑

この滝は幅100メートル、落差44メートルだそうで、その水量はこれまでのどの滝よりも圧倒的に多いです。なんかのハリウッド映画の撮影にも使われたそうです。それだけ見栄えのする滝っていうことなんでしょうね。
足場はごつごつした岩場だらけなので、うっかり滑らないように細心の注意が必要です。見てると、本当に吸い込まれそうになるので…。

ちなみに、ルートは2つありまして、こちら側から見るパターンと対岸から見るパターンがあるそうです。時間もなかったので僕らはこちら側からしか見てませんが、向こう側は緑が広がっていたので、また違った風景になるんだと思います。

名もなき海岸

次は北部の町・フーザヴィークに向かうんですが、その途中にこんな素敵な海岸があったので寄っていきました。朝から少し雲が多かったんですが、この時間にはちょうど晴れて、めちゃくちゃ綺麗でしたね~。

クジラの町・フーザヴィーク

最後は北部の町・フーザヴィークです。ここは非常に小さな港町で、非常にかわいらしい町でした。

この町はクジラが有名でして、ホエールウォッチングツアーが鉄板コースらしいです。とはいえ、我々はそんな時間も予算もないので、ホエールウオッチングはスルーして、クジラ博物館に行きました。

博物館には、色々なクジラの紹介や、標本が展示されていました。上の写真のように、数十メートル級のクジラの標本もあったりして、なかなか見ごたえがありました。
クジラって種類によってその大きさとか頭の形とかって全然違うんですね。ここ、ぶっちゃけ来るときはそんなに興味はなく、単に暇つぶし感覚で入ったんですが、思ったよりも見ごたえがあり、面白い博物館でした。あと、受付のお兄さんがなぜか日本語を話せました。笑

 

その後

f:id:shishi-toh:20170825231553j:plain

夜ごはんはフーザヴィークのレストランで済ませました。めちゃくちゃ美味しかったです。アイスランドって、料理は美味しいんですよね~。高いのが問題なんですが…。ただ、レストランでは水は無料で出てくるので、ドリンク代をケチればそれほど高くはなりませんでした。(でも1プレート3000円ぐらいはしますが。)

そして、この日もアークレイリに宿泊しました。最初で最後の連泊です。笑
翌日はレイキャビクまで戻り、ブルーラグーンに入って最後の日を過ごします。

 

アイスランド1周旅行記

1日目:旅の始まり
2日目:ゴールデンサークル巡り
3日目:滝と滝と飛行機と岩。
4日目:ヴァトナヨートクルと氷河たち
5日目:ミーバトン湖とダイヤモンドサークル
6日目:続ダイヤモンドサークルと名もなき海岸
7日目:初めての町観光
8日目~最終日:ブルーラグーンでお肌すべすべ計画、からの…
まとめ