鼻のクリニック東京で手術をした話(その2・事前検査)

鼻のクリニック東京で、鼻中隔湾曲症と後鼻神経切断術の手術を受けたときのお話の続き。前回の記事はこちら。

手術日程決定(12月)

手術の日程は約半年後ということ、日程の決定は5月の予定が出てから改めて電話で相談することにしたことは前回の記事でお伝えした通り。

宣言されていた通り、12月に入って早々に鼻のクリニック東京から電話がありました。
まず、2回の手術を同月内に行う必要があることを説明されました。これは、1回目の手術の後はガーゼが入ったままなので間が空くと辛いこと+高額医療費制度を活用するためです。後者の理由が大きいです。

高額医療費制度

この制度は、1か月内の医療費が特定の金額(年収により異なる)を超えた場合に、その超えた金額が返ってくるという制度です。この制度のおかげで、今回の手術は合計で30万を超えますが、僕の場合、自己負担は10万円以下で済みます。この制度を利用するためには、1か月のうちに2つの手術を終わらせる必要があるんですね~。

日程の決定

1回目と2回目の手術の間は4日程度空ける必要があることと、どうやらこの病院は月曜日はお休みということで、5月の中旬の金曜日に1回目の手術、翌週火曜日に2回目の手術をすることになりました。どうやらこれが最速で手術を終わらせるパターンみたいです。
そして、その1か月前の4月中旬に事前検査を、その後に事前説明を予約しました。いくつかの検査をすることと、レントゲンがあるので無地のシャツを着てくること・朝食は軽めに済ませることを言われました。

事前検査(4月中旬)

ぶっちゃけ4か月も空いたので忘れるのではないかと不安でしたが、検査が近づいてくると、病院から日程の確認と再度上記の注意事項の確認の電話がありました。

この時した検査は、心電図、レントゲン、血液検査、嗅覚検査、血液検査でした。嗅覚検査というのは、においの染み付いた布を嗅いで、どんなにおいかを伝えるというものです。最初はミルクっぽいにおいの布でしたが、2回目はぼろ雑巾みたいなにおいで、不快でした。笑
この後、看護師さんから手術に関する説明がありました。不安なことがあれば伝えるということだったので、手術後1か月~2か月後に海外出張が控えていることを伝えておきました。飛行機については事前に説明されます(下記)ですが、もし術後に異常があれば早めに言ってもらうようにする意味で伝えておきました。

事前説明(4月下旬)

この日は検査結果と手術の流れを聞きに行くだけで、検査や診察はありませんでした。検査については特に異常なしとのことで一安心。あと、アレルギー検査の結果ももらえるのですが、ちゃんとした検査は中学校以来だったので、ちょっと嬉しかったです。笑(やっぱりハウスダストと杉・ひのきがアウトでした。ダメだと思っていたイネやブタクサは正常値の範囲だったので、思い込みだったのかもしれません。)

なお、この日は家族を連れてきてくださいと言われたのですが、僕は家族が関西に住んでいることもあり、一人で行きました。が、受付で聞かれた以外は特に何も言われなかったので、特に同伴がなくても大丈夫なのかもしれません(が、くれぐれも自己責任でお願いします)。

一通り手術で何をするのかの説明や後遺症リスクの説明、当日の流れの説明がありました。具体的には、

・手術の前日は夕食は24時までに済ませること
・水は手術当日の朝6時以降は飲んではいけないこと
・術後は昼食を食べる必要がある(体力回復&ちゃんと食べられるか=退院させてもよいかの確認のため)ので昼食を持参すること

を説明されました。全身麻酔ということでもっと大変かと思ってましたが、意外とこんなもんでいいんですね。これも、鼻のクリニック東京が独自の麻酔技術を使用しているおかげかもしれません。
あとは、お酒とスポーツ・飛行機は術後1か月控えるよう言われました。血行が良くなったり気圧が変わったりすると出血リスクがあるからだそうです。お酒とスポーツはいいとして、飛行機に乗る予定がある場合は要注意ですね。手術決定時&予約時にもこのことは言われるので、大丈夫だとは思いますが。

肝心の手術~その後の経過は、次の記事で。