スーツケースはハードタイプかソフトタイプか

globe-map-suitcase-travel

旅行のお供であるスーツケース。大きく分けてソフトキャリーとハードケースがありますよね。

どちらも一長一短なのですが、スーツケースの買い替えを検討するにあたり、どっちのタイプの方がいいのかを考えてみた、というお話。

日本では大きいスーツケース=ハードというイメージ

大きめのスーツケースというと、硬くて頑丈なもの=ハードタイプを持っている人がほとんどかと思います。

サムソナイト/Samsonite / アメリカンツーリスター / スーツケース / アウトレット[ クリスタライト・スピナー69 ]【RCP】

価格:17,388円
(2017/9/30 18:38時点)

一方で、小さいスーツケースだとソフトキャリーも結構見ますね。また、外国の方は大きいスーツケースでもソフトキャリーを持っていることが多いですね。日本では大きいソフトキャリーってほとんど売っていないので、珍しいですよね。

サムソナイト スーツケース Samsonite[Janik・ジャニック] 73cm 【Lサイズ】 【キャリーバッグ】【ソフトキャリー】

価格:36,720円
(2017/10/8 00:23時点)

当方も大きいスーツケースはハードタイプ、小さいものはソフトタイプです。

ハードタイプのメリットとデメリット

なぜ日本ではこんなにハードタイプばっかりなのか、メリット・デメリットを検討してみました。

メリット

頑丈

とにかくこれに尽きるかと思います。多少のことでは壊れませんし、衝撃にも強いので中身も安心ですよね。特に、海外の空港なんかではスーツケースはポンポンと投げられまくっており、恐ろしいくらい雑な扱いを受けていますから、中身が壊れないかいつもひやひやしますが、ハードタイプならある程度は安心できますよね。

あとは、使ってる本人としても、多少雑に扱っていいので気持ちが楽だったりします。笑

ステッカーでおしゃれができる

stock Vintage Leather Suitcase w Travel Stickers

スーツケースにステッカー貼っている人をよく見ますよね。知り合いは旅先でステッカーを買って、旅行のたびに増やしている人がいます。おしゃれ感が出ていいですよね~。僕はそういうセンスがないのでやりませんが…。

デメリット

傷が目立つ、凹みやすい

ハードケースは大体外装が樹脂で出来ていることが多いので、細かい傷が結構つきます。そして、色にもよりますが、結構目立ちます。

あと、安物だと衝撃ですぐに凹んだりします。凹んだスーツケースを使い続けるのってなんか嫌ですよね。

上で述べたように空港で投げられたりするので、傷とか凹みって結構すぐにできるんですよね。1回海外旅行に行くと、傷が増えていく感じでしょうか。

まあ、そういうのが思い出になったり味になったりしたりもするんですけどね。あと、それこそ上で述べたステッカーで隠しちゃうっていうのも手かもしれませんね。

大きな荷物を入れにくい

ハードケースって、荷物を入れる場所が左右に2つに分かれてるじゃないですか。そうすると、大きな荷物もどちらか片側に入れないといけないんですけど、そうすると中のベルトが閉められなかったりうまく逆側とかみ合わなかったりして、地味に面倒なんですよね。

当方、出張の時とかは革靴が崩れるのが嫌なので箱に入れていったりするんですけど、ハードケースだと入れるのが結構コツがいりますね。

重い

頑丈であるゆえのトレードオフというか、材料が頑丈な分、どうしても重くなりますよね。最近はずいぶん軽くなりましたけど、それでも同じサイズのソフトキャリーと比較すると断然重いです。

 

こうやって書いてみるとハードタイプってデメリットが目立つような気がしますが、それでも日本人がハードタイプばっかり使うのは、ハードの方が「中身が安全」っていう日本人の安全志向から来ているんですかね。あとは色がカラフルだったり旅行してる感が出るのもあるかもしれませんね。

それでは、ソフトタイプはどうか。

次にソフトタイプ。個人的にはソフトタイプの方が使いやすくて好きだったりします。

メリット

ポケットが便利

ソフトタイプは、メインの荷物入れのほかに、外側にポケットがついていることが多いです。なので、ガイドブックとかティッシュとか上着とか、ちょっとした荷物を出し入れするのに非常に便利です。

荷物が入れやすい

ハードタイプが真ん中から左右にパカっと割れる形式なのに対して、ソフトタイプはファスナーの片面開きです。なので、見た目通りの大きさの荷物を入れられますし、荷造りやカバンの開け閉めも非常に楽です。

個人的に、この点がソフトタイプの一番大きなメリットかなと思います。開け閉めが楽っていうのはストレスがなくていいです。

あと、荷物を取り出すのも楽です。例えば、空港って空調が効きすぎていることが多く、上着を出すためにスーツケースを開ける人って結構いるじゃないですか。その時に、ハードタイプだと一度床に全部広げる必要がありますよね。あれって個人的にはなんかスマートじゃなくて好きじゃないんですよね~。それに対して、ソフトタイプだとファスナー開けて上から手を突っ込んで取り出せるので、その手間がありません。

デメリット

中身が心配

ソフトタイプは生地が布地なので、やはり衝撃には不安があります。割れ物を入れるときには服やタオルでぐるぐる巻きにしておくなどの対策が必要ですね。

売ってない

冒頭で述べた通り、日本ではハードタイプが主流なため、機内持ち込みサイズぐらいであれば売っているんですが、それ以上の大きなサイズになると旅行用品店に行っても取り扱っていないことが多いです。なので、大きめのを買う場合はネットで買う必要が出てきますね。

結論

以上を踏まえ、当方は以下のような使い分けをしています。

  • 機内持ち込み~2・3日用のサイズは、ソフトキャリー
  • 長期旅行用の大きなサイズは、ハードケース

基本的には軽くて利便性のあるソフトタイプを使っています。一方で、長期旅行だと荷物が多くなりがちですが、その際にハードタイプの左右で荷物の種類を分けられる(左側は服・下着、右側はその他、みたいな)のが荷造りするときには便利なので、ハードタイプを使っています。荷物が多いと、ソフトタイプだと奥にある荷物を取り出すのが大変なので。

とまあ、何の面白みもない結果ですが(笑)、スーツケースを購入する際にはこういう考え方もあるよっていうことで。