1人暮らしで1階に住むことの是非を考える。

当方、今は賃貸アパートの1階で暮らしています。ここに住んでから1年が経ちました。
入居前は1階ってどうなんだろうと思っていたんですが、1階っていうこと以外は間取り・条件が非常によかったのでここに決めました。

ただ、1階ってどうしても泥棒に入られやすいとかで、ネガティブなイメージがあると思います。事実、1階の物件は不人気なのか家賃が安めになっていることもありますしね。そこで、実際に1階に住んでみて思うことをまとめてみました。

1階のメリット

荷物を運ぶのが楽

例えば会社帰りにスーパーで買い出しをした場合やゴミ出しをする場合、2階以上だとそれを運ぶのが地味に大変ですよね。でも、1階だと上り下りがないので、すぐに運ぶことができます。
また、当方のアパートには専用のゴミ箱があって何時でもゴミ出しができるのですが、例えばペットボトルとか缶とかのゴミもささっと捨てに行けるので、部屋にゴミがたまることもほとんどありません。

あとは、引っ越しの時もすごく楽でしたね~。いくつかの荷物は自分で車で運んだんですが、重い荷物を担いでえっちらほっちら…っていうことがなかったのは非常にありがたかったです。また、宅配便で重い荷物を頼むときも、運送会社の人たちに罪悪感を感じないで済みます。笑

すぐに外に出られる

宅配便が来た時とか、朝急いでいる時とか、すぐに外に出られるって言うのは時短に繋がって便利です。朝にエレベーター待ちで時間が取られるのって地味にイライラしますしね。

また、忘れ物をした時もさっと取りに帰れるのはありがたいですね(忘れ物すんなよって話ですが…)。

下の階を気にしなくていい

集合住宅に付きまとう騒音問題。ただ、1階の場合は下の階がいないので、それが原因でトラブルになるリスクは減ります。実際に、深夜に帰ってきた時とか、下の階のことを気遣ってそーっと歩く…みたいなことをしなくていいのは非常に気が楽ですね~。

上記はいずれも地味なんですけど、毎日積み重なっていくと結構なメリットだと思います。やっぱりすぐに部屋に入れる or 外に出られるっていうのは大変ありがたいですね。

じゃあデメリットは?

うるさい

やっぱりね、これは避けられません。道路に面している分、車やバイクの音、通行人の会話等がすごく聞こえます。当方、春先とか秋先は窓を開けているんですが、たまにテレビの音も聞こえないぐらいうるさかったりして、イラっとします。

あとは、逆に自分の部屋の音が外に漏れているんじゃないかと気になります。テレビの音とかが外に漏れているのって、なんか気まずいじゃないですか。笑

窓の外の目線が気になる

上記の通り、当方は窓を開けていることが多いのですが、どうしても通行人の目線が気になります。一応カーテンに加えてレースカーテンも付けてはいますが、中が見えているのではないかと不安になります。かといって窓を閉めてしまうと部屋が暑くなるので、冷房を付けなくてはいけません。窓を開ければこんなに涼しいのに…と思うと、冷房をつけるとなんだか負けた気がします。笑

また、そういう意味では防犯も気になります。ただ、防犯ってどっちかっていうと建物がどうというよりは、その立地とか住んでいる地域の治安がどうかに依存する部分が多いと思うので、あんまり関係ない気もします。盗まれる時は1階だろうと10階だろうと泥棒は入りますしね。

上の階がうるさい

当方の住んでいる部屋、毎日すげえ足音がうるさいんです。上の階は女性なのでそんなに暴れまわっているわけはないはずなんですが…。(下見時には分からなかった。)
なので、一度は夜の時間帯等、上の階の人がいる状態で下見する方がいいかもしれませんね。

実際に住んでみての感想。

上記のようなメリット・デメリットがありますが、個人的にはプラマイゼロかな~と思います。外が近いことはメリットでもある一方でデメリットでもあり、これらが完全に相殺されている感じ。なので、1階もそんなに悪くないと思います。

これが例えば道路に面していない1階とかだと、外からの騒音はなさそうなのでいいかもしれませんね。その場合は日当たりが心配ですが…。

あと、女性はやっぱり2階以上がいいのではないかと。僕のように窓を開けていると一発で部屋の中を見られてしまうおそれがありますしね。

といいながら、今度もし引っ越すときには、やっぱり外の目線が気になるので、出来れば2階以上にしたいなと思うのでありました。笑