ベルリッツとGabaを比較した結果、ベルリッツに入会した話。

2018年の目標というかやるべきことの1つとして、英語力の向上を掲げました。一応今でも読み書きなら仕事でもそこそこ何とかなるレベルですが、スピーキングも含めもっと力をつけたいですしね。

ということで、昨年末に検討していた英会話スクールに入会することを決めました。ベルリッツとGabaを検討していましたが、結局ベルリッツに決めた、という話。

それぞれの比較

両方の体験レッスンを受けてみて、それぞれのいいところ・悪いところを比較してみました。

レッスン形式

ベルリッツは完全個室で、ホワイトボードを使いながらレッスンが進んでいきます。塾の講師と先生みたいな感じですね。講師の方がホワイトボードに必要なことを記載してくれ、適宜それをメモしながら進んでいく感じです。

一方、Gabaは個別ブース形式で、先生とは向かい合って座ります。ブースは図書館とか予備校にある自習スペースみたいな感じでしょうか。必要なことは先生がメモを取りながら進めてくれます。当然、そのメモは最後にもらえます。

比較すると、先生がメモを取ってくれるGabaの方が、会話に集中できてよかったです。個別ブースというのも最初は気になったのですが、意外とほかの人の声は気になりませんでした。

テキスト・講師

テキストはどちらも似たようなもので、それぞれ洗練されています。ですので、ここで差は付かないかなあという印象。

ただ、Gabaはネットで講師からのフィードバックが見れたり、リスニングの動画が見れたりするので、この辺のシステムはGabaの方が整備されている印象。対して、ベルリッツはネットでのテキストダウンロードはありますが、それ以外のネットシステムは一切ありません。

ちなみに、どちらも予習と復習が必要です。といっても、どちらも15分程度で終わるものなので、寝る前にちょこっとやるだけで大丈夫そうです。

講師についても、どちらも非常によく教育されており、自然に会話を続けてくれますし、教え方も抜群なので、ここも差はあまりないように思います。ちなみに、どちらも国籍は多様で、中には英語ネイティブではない人や日本人もいるようです。ただ、講師のレベルの高さを見るに、どの講師もネイティブレベルの英語力はありそうなので、不安に思う必要はなさそうです。

通学システム

ベルリッツは、来校・電話・メールのどれかで次回の予約を取ります。また、別校舎も1つまでなら無料で追加できるので、平日は職場の近く・休日は家の近くでレッスンを受ける…ということも可能です。

これに対し、Gabaは上記3つのほか、ネットでも予約が可能です。これは便利ですね。また、4000円+税を払えばどの校舎でもレッスンを受けられるようになります。

予約については、Gabaの方が圧倒的に便利ですね。むしろ、このご時世にネット予約に対応していないベルリッツの方がなんでやねんっていう感じですよね。対して、1校舎限定ですが、無料で別の校舎でもレッスンを受けられるという意味ではベルリッツの方がいいですね。

接客

受付の方の対応は、どちらも丁寧で素晴らしいです。

一方で、無料レッスンを受けた後、ベルリッツはその後の勧誘等は一切ありませんでした。一方、Gabaは「ぜひ入会をお願いします」という勧誘がくどく、またメールや電話で何度か確認の連絡がありました。またお断りの連絡を入れた際も「理由を教えてください」的なメールで何度かやり取りがありました。正直、これには閉口しました。

なぜベルリッツにしたのか

という感じで、無料体験レッスンを受けた結果、レッスンやシステム周りだけでいうとGabaの方が使い勝手がよさそうかな~と思いました。やはりGabaの方が後発なだけあって、色々なサービスを手厚くしている印象です。

と言いながら最終的になぜベルリッツにしたのかというと、やはり受付の方の接客が決め手でした。Gabaで担当してくれた受付の方と当方の会話がイマイチかみ合わず、またその後の押し売りが当方にとっては非常にウザく、入会する気が一気に萎えてしまいました。おそらくGabaにはマニュアルがあり、担当の方もそれに従って対応してくれただけなので悪気はないと思うのですが、当方、押し売り的なものが大嫌いなので、どうしても無理でした。ただ、こういったことが気にならない方であればGabaの方が便利だと思います。

初回レッスンはもうすぐ

そんなこんなで、キャンペーンをやっていたこともあり、実は昨年内に入会~支払いを済ませてきました。初回レッスンは成人の日を予定していますので、またその感想を書きたいと思います。